キャンペーン「八門島の合戦」対ハイエルフ戦その3

 

 「…かくして両軍は干戈を交えることに相成り」

 

 「貴卿は吟遊詩人か?報告が長すぎる、簡潔に3行で述べよ!」

  アグラヴェイン卿は苛立ちを隠さなかった。

 

 「御大将、残念な報告をしなければなりません。モルドレッド卿がハイエルフとの決戦に敗れました」

 

 「大きな口をたたいて、所詮はその程度の男」

 遠征軍において次席を占めるガングラン卿が嘲る。

 

 「いや、モルドレッドも死に場所を得たのだ」

 

 「それが…モルドレッド卿は戦死しておりません。別動隊が敵将を生け捕ったので、軍は敗れましたが休戦に持ち込めたのです」

 

 「何だと、どうしてそうなる?……分かった、もう少し要点を絞って申すがよい」

 

続きを読む >>